じっくり楽しくあなたと住まい選び

住まい選びの総合医

公式ブログ

探し始めた物件やエリアで決まることはほぼ無い

2016年12月11日

 不動産・建築業界にも、さまざまな不動産会社やハウスメーカーに不動産のプロがいます。医療分野に各専門医がいるように、個々の専門家は日々、切磋琢磨をして最高のサービスや商品を提供するスペシャリストです。

 ですが、得意分野は細分化され、マイホームと言ってもマンションだったり、戸建てだったり、戸建てだったら建売なのか、注文建築なのか、土地なのかなど多岐に渡ります。不動産会社もハウスメーカーも、自社商品については詳しいですが、他の会社の商品と比較してクライアントにとって最適な選択肢を提案すること皆無です。

さらに複雑化するエリアでの比較検討

 エリアについても、たとえば首都圏の場合ですと勤務先の山手線内駅を起点に、同心円で一時間圏内の東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県と広範囲にまたがって、環境や物件を比較したいというニーズが相当ございます。

ですが大手不動産会社であれば各支店ごと、地域密着型の地元の不動産会社もその地域の物件に精通した専門医のため、それぞれに特異なエリアや物件があります。そのため、各エリアの専門医を訪ねても、首都圏すべての範囲を網羅して、エリアや物件の特徴を吟味したり、比較検討できる専門医=不動産会社が無いのが実情です。

g-tokyorailway

いま、住まい選びの総合診療医が求められている

2016年12月8日

・お腹が痛い原因が実は心臓!?

 あなたは、お腹が痛くなった時、何科のお医者さんに行きますか?「お腹だからもちろん、内科だよ」という方が大半ではないでしょうか。ですが、胃や腸に原因が無くて、実は心臓だった!なんていうケースもよくあるんですよ。

   
 つまり「お腹が痛いから内科だろう」というのは、思い込みで実は全く違っていた、ということが起きるのも、医療のスペシャリストではない素人判断だからこそ、やむを得ないことだと思うのです。

 そのため近年は、丁寧な問診から正しい判断を行い、しかるべき専門家に橋渡しをする役目を担う「総合診療医」というのが注目されてきているのはご存知でしょうか。

総合診療とは、患者が「きっとここじゃないかな」と思い込んでいる特定臓器に着目をするのではなく、全体的な健康問題に向き合って治療を行い、その国のあらゆる年齢および性別の患者を診療できるように教育がなされます。

   
つまり、総合診療医とは「専門のお医者さんにかかる前の、総合的なお医者さん」と言えます。患者さんから問診をして、しっかり診察を行い「どこが悪いのか」という病の原因を突き止めることで、患者さん自身も「まさか、そこだとは思わなかった!」という病の本質に気が付くことができます。

問題解決には、その問題の原因がどこにあるのか、本質をさぐることが一番の近道であると考えます。

20111207_doctor

勢いとタイミングも大切

2016年10月25日

無事に引渡しまで至ったクライアントさんから、ここのところ立て続けに嬉しいメールをいただいております♪今回は9月にセミナーにご参加いただいた後、3日間「ブラヤマダ」する中で新居との素敵なご縁があったご夫婦からのメールを紹介します。

(ここから)

山田様

いつもお世話になっております。
本日内覧後の修復確認のため新居に来ております。

距離が離れていることから引越し日は2日に分けており、11月5日に現住居を退去し、翌日11月6日に新居へ搬入となります。その際泊まるホテルが妻が独身時代住んでいた場所で不思議な繋がりを感じています!

山田さんよりご紹介頂いたプロの方々は皆様ベテランの方ばかりで、またそこからご紹介頂く方々も皆様百戦錬磨の経験を持つ方ばかりですので、私達のような何も分からないものでも納得のいく形で全てを進めていただいております!

思えば妻が山田さんのセミナーを探してきてくれたことから始まっているため、妻にも感謝しこの度の購入に至る全てに運命的なご縁を感じ入っています。

明日はいよいよ物件引き渡しとなり、同時に保険関連もスタートすることから、不安よりも安心感が私は強い状況です。

このような状況にて進んだのも、ひとえに山田さんが初対面から3日連続で私たち夫婦に付き合って頂いたおかげと感謝しております。

また今後とも何卒宜しくお願い致します!

(ここまで)

素晴らしい直感力と決断力を持つお二人でした!恋愛と同じで家探しにおいても時として、勢いとタイミングもたいせつだということを改めて気付かせていただきました♪

kimg0766

長旅の終わり

2016年10月24日

ちょうど一年前の2015年10月にホームページから相談のあったクライアントさんで、10月21日の引渡しに立ち会った方から、嬉しいメールが届きました。

(ここから)

山田様

こんにちは。
金曜日はお忙しい中ありがとうございました。

昨日はカーテンの取り付けに立ち会い、主人に鍵を渡し、お義母さんに報告し、
少しずつ、家が完成した実感が湧いてきてワクワクが止まりません。

家のことを決めていくのに、
楽しみながら、家族の幸せを第一に、
この二つから私たちの考えがブレないように親身にサポートしてくださったこと、
本当に、心から感謝いたします。

これからの生活の中でも、この二つを忘れないように
自分たちの周りの人たちにも、
伝えていけたらと思っています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

おみやげの紅茶は妹宅でさっそくいただきました。
毎日飲みたくなるような親しみやすい味で美味しかったです!

また、取材のお話も聞かせてください!
ではまたご報告させていただきます。

(ここまで)

家のことを決めていくのに、
楽しみながら、家族の幸せを第一に、
この二つからご夫婦の考えがブレないように親身にサポートをする

世の中に笑顔を増やすために、これからも天職であるこの仕事の質を高めて精進してまいります!

Kさま、ほんとうに、おめでとうございます♪

kimg1134

正夢(まさゆめ)

2016年9月2日

私にはお気に入りの美容院があります。

なぜなら、そこにはとても腕の良い美容師さんがいるからです。

その人は、私に相談に来たクライアントです。

「山田さん、僕はあと一年以内に自分の店を出しますよ」

嬉しそうに笑う、私と一回りも違う若さの中に、とてつもない眼力を感じて身震いしました。

ウガンダで聞いて心に残った言葉があります。

「行動無きヴィジョンは 白昼夢」

「ヴィジョンなき行動は 悪夢」

白昼夢を見ている人も多いですが、それ以上に悪夢を見て日々を過ごしている人が多い今の日本において、この若い私のクライアントからは必ず実現する夢である根拠と自信を感じて、カットに行ってきた今日は、とても嬉しい日になりました。

images

嬉しい手紙

2016年6月29日

ajisai_005

おはようございます。恵みの雨がしばらく続く、梅雨らしい天気ですね(^^)

昨日、無事に鍵のお引き渡しが終わったクライアント様から嬉しいメールをいただきましたので共有させていただきます。

(ここから)

山田様

いつもお世話になっております。■■でございます。

今朝、久しぶりに山田さんにお会いでき、とても嬉しかったです。
お忙しいところ、わざわざ出向いていただけたこと、本当に感激いたしました。

本日無事に引き渡しが終了いたしました。
エリア探しから本日まで、山田さんには本当に何から何までお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。

人生で最大の買い物で、はじめは不安に思うこともありましたが、山田さんが、いつも私達の気持ちを大切に物件探しや手続きをしてくださったおかげで、楽しく、安心して、今日まで進めることができました。

はじめは全く想定になかった○○の土地をご紹介いただき、街の雰囲気が気に入ったこと、また山田さんが○○に住まわれていること、最近では保育園のママ友の実家が○○付近だということも分かり、いろいろな縁で繋がっていけることも嬉しく思います。

1カ月後の引っ越しまで、荷作りや保育園見学などで忙しくなりますが、新生活に向けて楽しんで進めたいと思います。

また引っ越しが終了いたしましたら、改めてご連絡いたします。○○のこともいろいろ教えてください^_^

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

■■

(ここまで)

こうしたメールをいただけると、仕事にやりがいを感じますし、改めて「よし、やるぞ!」と元気が湧いてきます。私は、良いクライアントさんたちに恵まれて、ほんとうに幸せだと感じます。

今日はこれから、取材で京都へ向かいます。その土地を知るうえでは、ちょうど雨が降っていて、地盤や水はけを知るうえでとても良い機会に恵まれました。また個人的に無類の苔好きですので、良い苔とのご縁がありそうでワクワクしています(^^)

それではみなさまも、どうぞ良い一日をお過ごしください♪

世代を超えて、継ぐべきもの

2016年5月23日

私は、仕事が三度の飯よりも大好きです(^^)

どうしてだろう?と思い返すと、そこには父の姿がありました。

父は信州上田で精密機械を製造する工場を営む経営者でした。

日がな、夜の2時3時まで働くのは当たり前。朝もお天道様が出ると同時に
働き始めていました。

土日も働いていたので、家族旅行をした覚えは、ありません(^^)

でも、そんな父が大好きで、いまも尊敬しています。

「買う身で作ろう この商品 作る私が 保証する」

父の営んでいた工場に掲げられていた標語で、今も私の胸には強く、刻まれています♪

仕事は楽しいもの。そして、働く(はたらく)とは傍(隣)の人を楽にさせ、人と歓びを分かち合い、
その結果としてはじめて、儲かるものという思いを自然に抱いていました。

「親から子へ。子からまたその子へ血は流れ、永遠に続いていく。 それが本当の永遠の命だと、俺は信じる」

劇場版の銀河鉄道999で、キャプテンハーロックが主人公の星野鉄郎へ宛てた、私が大好きな言葉です(^^)

親が子へと受け継ぐものは、使えばおしまいの財産ではなく、こんこんと泉のように湧き出る、
生きていくうえで本質的に必要となる、生き様や想いではないでしょうか。

おかげさまで今、クライアントと歓びを分かち合える仕事をして、とても幸せな日々を過ごしています(^^)

Processed with MaxIm DL

大人ガキ大将

2016年5月18日

ダウンロード

今年で42歳になりました。

思えば、子どものころから「好きなこと」を最優先で今を生きてきたように思います。

ふと気が付くと、まわりには好きなことにのめりこんで日々を過ごしている、そんな笑顔が素敵な人たちに自然と囲まれていました(^^)

年を経るごとに、人の顔には生き様が刻まれていくことに「なるほど」と感じます。

「好きなこと」「好きなもの」「好きな仕事」「好きな人」に囲まれて過ごしていく

そして気がついたら、一日を遊び尽くして疲れ切った子どもが、スイッチが切れたように眠る。そんなふうに気がついたら死んでいる。それが理想。

いつまでも子どものように、いくつになっても未来を夢見てキラキラとした日々を過ごしていこうと思います♪

住宅購入でよくある相談

2016年4月29日

今回はよくある相談項目を列記しました。ご覧になられて「こんなにあるのか」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。不動産は大きなお買いものですので、知っておくと良いことが実はたくさんあるんですね。

1.住宅を購入する前に知っておいた方がよいこと

2.住宅購入の際に知っておくべき用語 (境界)

3.住宅購入の際に知っておくべき用語 (越境物)

4.住宅購入の際に知っておくべき用語 (セットバック)

5.住宅購入の際に知っておくべき用語 (網戸)

6.住宅購入の際に知っておくべき用語 (瑕疵担保責任)

7.住宅購入の際に知っておくべき用語 (フラット35)

8.住宅購入の際に知っておくべき用語 (不動産取得税)

9.住宅購入の際に知っておくべき用語 (古屋付土地の購入)

10.住宅購入の際に知っておくべき用語 (長期修繕計画)

11.住宅購入の際に知っておくべき用語 (既存不適格建築物)

12.住宅購入の際に知っておくべき用語 (嫌悪施設)

13.住宅購入の際に知っておくべき用語 (徒歩○○分)

14.住宅購入の際に知っておくべき用語 (方位)

15.住宅購入の際に知っておくべき用語 (道路)

16.住宅購入の際に知っておくべき用語 (水道引き込み管の口径)

17.住宅購入の際に知っておくべき用語 (擁壁)

18.住宅購入の流れ (物件探し)

19.住宅購入の流れ (物件探しその2)

20.住宅購入の流れ (申込み)

21.住宅購入の流れ (重要事項説明)

22.住宅購入の流れ (売買契約締結)

23.住宅購入の流れ (ローン)

24.住宅購入の流れ (金銭消費貸借契約)

25.住宅購入の流れ (決済引渡し)

26.住宅購入の事前準備 (物件探しより大事なこと)

27.不動産購入はライフプランから始めよう

一般社団法人 住まい選びコンシェルジュ協会では、住まい選びに役立つ勉強会を東京・埼玉・千葉・神奈川の各市町村にて随時開催しております。ご都合の良い場所(カフェなど)へ伺います。

勉強会は無料です。ご希望日時もしくは曜日などを明記のうえ、どうぞお気軽にお申込みください。

住まい探しのコスト

2016年3月23日

l_Column_01img

昨日、国土交通省から全国の公示地価が発表されました。8年ぶりの地価上昇は、外国人観光客の増加とマイナス金利による緩和マネーの流入といった2大要因がもたらしたようです。いつの時代もお金の移動はとてもシンプルで、経済情勢により「モノ」である不動産や株か「カネ」である預貯金もしくは債権などに流れます。

なかでも、東京を中心とした首都圏の上昇幅は年々、拡大している。ただ、ここで気を付けなければいけないのは、首都圏全体が一様に上昇しているのではなく「上昇し続けているところと、下落し続けているところが混在」しているということです。

一般的に、駅徒歩圏(約15分程度まで)は上昇していますが、その外側、とくにバス便エリアは著しく下落し続けているところが多いです。つまり、同じ首都圏の物件でも「資産価値が上がる物件」と「資産を目減りさせる物件」の選別が年を追うごとに顕著になってきており、その差は開くばかりです。

みなさんは「住まい探しのコスト」を意識したことはありますか。「家を買おう」「住み替えをしよう」と思い立った時から、実は二つのコストがかかり始めます。一つは「家賃」でもう一つが「地価上昇」です。賃貸に住みながら、資産価値の高いエリアで住宅購入を検討する場合は、この二つのコストは無視できません。

家賃が10万円とすると、半年かかれば「住まい探し代」は60万円で、それに地価上昇分もかかったことになります。

バス便の戸建から駅に近いマンションへ買い替えする場合は、より注意が必要です。時の経過とともに、ご自宅の資産価値は下落し続けるうえ、買いたいエリアの価格は上昇をし続けるため、どんどん差が開いて希望する住み替えがしづらくなっていきます。

もちろん、大きなお買い物ですのでじっくり、慎重にというスタンスはどのような世相でも私も変えるつもりは毛頭、ございません。ですが、真剣に検討せずにただ漫然と決断を先のばしているだけでしたら、もったいないと思う気持ちもあります。

「住まい探しのコスト」について、ご夫婦で一度話し合ってみませんか。

一般社団法人 住まい選びコンシェルジュ協会では、住まい選びに役立つ勉強会を東京・埼玉・千葉・神奈川の各市町村にて随時開催しております。ご都合の良い場所(カフェなど)へ伺います。

勉強会は無料です。ご希望日時もしくは曜日などを明記のうえ、どうぞお気軽にお申込みください。

まずはお気軽に ご相談ください

お問い合わせ