じっくり楽しくあなたと住まい選び

住まい選びの総合医
お気軽にご相談ください 受付平日 8:30~17:30※時間外&土日対応可
住まい選びの総合医の無料診察住宅購入にまつわるお金・エリア・物件などの相談事を専門家が解決!

住まい選びコンシェルジュ協会™とは?

医療業界でいう「総合医・主治医」のような存在です。

あなたが住まいに対して抱える問題を共に考え、適切な処方を提供するイメージとお考えください。

当協会は、不動産・建築業界における住まいを買う人・売る人・借りる人の問題解決をお手伝いする、まさに住まい選びの総合医」です。

こんなお悩みはありませんか?

  • 専門家のアドバイスって、お金がかかりそうで不安
  • いくらくらいまでの物件で探せば良いのか、わからない
  • 戸建とマンション、どちらが良いのか知りたい
  • 建売と注文の建物の違いを知りたい
  • 新築と中古、どちらが良いのか知りたい
  • できるだけ複数の物件を見比べたい
  • 地盤や治安、教育環境の良いエリアに住みたい
  • 売り込まれそうで不安
  • 老後の資産づくりがしやすい住まいと、なかなかお金が貯まりにくい住まいについて知りたい

住まい選びコンシェルジュ協会なら・・・

1. 費用は一切、かかりません。

何回でも無料でご相談をお受けすることができます。

2. ライフプランシュミレーションで安心して買える予算がわかります。

理想の子どもの数や受けさせたい教育など、ご家族構成や支出の変化を見据えて、細かくデータを積み上げていくことで、ご夫婦が楽しく過ごすために必要な老後資金が貯められる住宅購入価格がわかり、安心して探せるようになります。

3. 戸建とマンションの違いが住み心地や支払の違いなど、あらゆる角度から比較できます。

防犯面は?光熱費は?騒音や振動は?ローン支払い以外に住居費として月々にかかる費用は?近所づきあいは?
数十年後の資産価値は?など、あらゆる面を数値やデータを用いて客観的に比較できます。

4. 注文住宅と建売住宅の違いが、わかります。

欠陥住宅の心配は?建売は安かろう、悪かろう?建売並みの価格で注文建築が建てられる?など、
建売住宅と注文住宅にまつわるイメージと実際の違いをわかりやすくお伝えいたします。

5. 新築と中古の性能の違いが、わかります。

耐震性能や断熱性能など、築年数によってどのように建物構造が異なるのか、戸建、マンションそれぞれをわかりやすくご説明いたします。

6. 首都圏で流通しているほぼすべての戸建やマンションからご提案します。

クライアントさまのライフスタイルにあった、より良い住まい選びをひとつの窓口で行えるよう、首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)内で流通しているほぼすべての物件情報を取り扱っております。

7. 首都圏エリアの住環境について知りたいことがわかります。

古地図や過去の災害履歴、ハザードマップ、犯罪発生状況や進学実績といった資料をもとに、地域の特徴をわかりやすく丁寧にご説明いたします。

8. 売り込みの心配はございません。

コンサルティングの結果、現在のお住まいがクライアントさまのライフスタイルとライフプランに合っているとわかれば、そのまま住み続けることをおすすめします。
「住宅購入を相談したいけど、売り込まれるのでは・・・」という心配も必要ございません。

9.「老後の生活資金」が貯めやすい住まいが見つかります

住みながら「老後の生活資金」を貯蓄できる住まい選びをご提案します。

ご相談の流れ

クライアントさまのご意向をうかがい、住宅購入に対する疑問、不安を整理します。

1. 問診(ヒアリング)
あなたの現在のお住まいの問題点や、理想のお住まいについて、じっくりヒアリング致します(2時間程度)

2. 診察(適正予算の確定)
ライフプランシュミレーションにより、教育資金や保険などの家計支出を踏まえて適正な住居費を算出し、豊かで楽しい老後を過ごすために十分な資産を形成できる購入価格の目安がわかります。

3. 実地診察(適正エリアと物件の確定)
住まいの理想を実現できるエリアと物件(マンション・戸建・建売・注文建築など)を実際に見て回り十分な診察の結果、あなたにとって最適な住まいがわかります。

※ 問診~診察、診断結果が出るまでは数か月から長い方だと数年かかることがありますので、ゆっくり、じっくり、絶対に失敗したくない住まい探しを求めている方に向いているサービスです。

提供するサービス

売り込みの不安なく、デメリットこそ積極的に聞きながら、たくさん現地を見学できる

不動産会社にいるのは、ほとんどが営業マンです。
(※成約する毎に歩合制の給与がもらえる方が多い業界です)

営業マンは「儲けたいから売らなければ!!!」の気持ちが強すぎて、
クライアントさんに対し、

「この物件はここがおすすめです!」
「お客さまにピッタリの物件です!」

と、メリットばかりが強調される事が多いです。

そうなると、実際には「軟弱な地盤」であったり「洪水などの災害リスク」があったり、
近隣に「送電線」や「お墓」などの嫌悪施設に対する説明が無されない事があります。

買った後に「こんなはずじゃ無かった」と思わないように
当協会では、積極的に物件のデメリットも公表し、
皆様に的確な判断をしていただくよう努めています。

最適な住宅ローンの提案と、予算が適正かを診断できるサービスを提供しています。

住宅ローンは「金利」だけでなく、「保証料」や「事務手数料」などを
総括しなければ正しく比較ができません。

そして、「勤務先」や「家族構成」「資産状況」等でも
金利などの借入条件が異なりますので、ネットの比較サイトだけで
適切な住宅ローンに辿り着くのは、まず困難だと思って下さい。

さらに、物件を紹介された不動産会社から紹介された銀行だと、
正直もたれ合っていることが多く、公平中立に条件を比較できないことも多々あったりします。
なお、金利など諸条件の優遇は「どこの不動産会社のどの担当者を通すか」でも大幅に異なります。

当協会では、ご予算・住宅ローンが適正なのかをじっくり診断させていただきます。

住みながら「老後の生活資金」を貯蓄できる住まい選びをご提案します。

実は、住まいには「お金が貯まりやすい物件」と「貯めづらい物件」が
あることをご存知でしょうか。

30年住み続けると、その違いは数千万円になることがあります。

持家は住む場所であるとともに、「不動産」という金銭的な価値(=資産)を 有するものでもあります。

この視点で住まいを考えると、たとえば「賃貸」と「持家」でどちらが良いかは
住居費の性質が大きく変わるので、単純に月々の支払額の大小だけでどちらが得かは比較できません。

また購入する場合、物件価格は安ければ良いというわけでもありませんので、
高い物件のほうが30年後に「老後の生活資金」多く蓄積できる可能性があります。

「生活をあまり切り詰めずとも、住み続けるだけで
 らくらくお金が貯まっていく物件がほんとうにあるの?」

という疑問について、戸建とマンション、駅近と郊外を比べるなどして、
どのような住まいがお金が貯まりやすいかをグラフやデータを用いて、わかりやすく丁寧にご説明いたします。

イベント

代表理事 山田剛司の想い

ご家族の命と財産を守る、住まいを楽しみながら安心して選んでいただきたい

これが、私が一般社団法人 住まい選びコンシェルジュ協会を立ち上げる時に特にこだわった理念です。

官公庁での経験と知識、そして、資産運用会社での経験を経て、不動産業へ

私は、理系国立大学で環境学を専攻し、東京都庁および横浜市役所で10年間、都市計画部門に従事した後、東京と鎌倉の資産運用会社で6年間、実学で世界経済と資産管理について学びました。
官公庁の都市計画部門での都市の地盤や災害リスクに関する業務と、資産運用会社で培った命の次に大切な資産を適正に管理する重要性を体感しました。

このことは首都圏において住まいという家族の命を守り、ご家族の資産を形成する不動産は、とても重要なものであり、適切な情報収集をしながら選択をしていく必要あることを切に感じております。
こうしたキャリアを経て、「人と住まいを結ぶ」という、たいへん大きなやりがいを感じられる仕事である、不動産業界に入りましたが、目にした現実はとても意外なものでした。

お客様から伺う不動産業界の問題の多さ

参入障壁が低い業界のためか、お客様から以下の言葉を耳にする機会が、とても頻繁にございました。

  • 「一度、物件の問い合わせをしただけで、何度も電話が掛かってくる」
  • 「少しでも興味を持ったら、「今買わないと、売れてしまう」と詰められた」
  • 「良いところばかり売り込まれ、デメリットを隠して買わされそうになった」
  • 「山田さんは、良い意味で不動産会社の担当者のイメージと全然違って、安心した」

この言葉を聞いて、私が感じたことは「不動産、建築業界の中には、お客様のことを考えず、なんて自分本位で、短期目線な商売をしている人がいるのだろう」ということです。

家族の命と財産を守る住まいを扱っているという、事の重大さを認識している不動産会社の担当者が、あまりにも少ないということに愕然としました。

売ってしまえば、それでおしまい?

私の感覚では、お客様と良好な関係を築くことよりも、9割以上の不動産営業マンが「いかに早く、数多く物件を売るか」ということに心血を注いでいるように感じます。
言葉を変えると、「売ってしまえば、それでおしまい」という担当者の思惑が見え隠れしているように思えて仕方ありません。もちろん、中には物件を問い合わせしたところ、一割を切る確率の中で、誠実な対応をする良い担当者と出会って、快適な住まい選びができる方もいらっしゃいます。

しかし、それもあくまでも「運」です。
住まい選びという人生でかなり重要なイベントにおいて、真剣にお客様の事を考える不動産会社・担当者との出会いが運に左右されている現実は、いかがなものでしょうか。

「自分善し」「相手善し」「世間善し」の商いへ

私は、商売―商い(あきない)の基本は、近江商人の「自分善し」「相手善し」「世間善し」という言葉に本質があると感じます。 近江商人の起源は、鎌倉・南北朝時代にまでさかのぼるといわれていますが、戦国時代の終わり、近江を治めた織田信長による安土城下の「楽市楽座」をはじめとする商業基盤の整備が、のちの近江商人の繁栄に大きく貢献したといわれています。

遠い将来を見据えて、お客様と心地よい関係が築けなければ、長く続く良い商売はできません。
それは歴史が語っています。

人と住まいの良縁を紡いでまいります

私の活動は、本協会の理念に賛同していただいた、不動産鑑定士、宅地建物取引主任者、地盤インスペクター、事故物件調査の専門家、ファイナンシャル・プランナー、税理士、弁護士、各専門家の協力無くしては成り立ちません。

住まい選びコンシェルジュ協会は「住まい選び」という、ご家族の人生を掛けた、たいへん大きな人生プロジェクトに関わらせていただくことで、私自身もお客様の笑顔に癒され、無上の歓びを感じながら引き続き、人と住まいの良縁を紡いでまいります。

お客様の声

  • 内山様 横浜市港北区

    価格交渉ありがとうございます!私たちと売り主さんの気持ちを考えてくれた…

  • I 様 横浜市

    地盤の調査力はさすがです。おかげで安心して購入できました…

  • Y様 鎌倉市湘南エリア

    東京と湘南という遠距離での土地探しが成功したのは、山田さんにお願いしたから…

→ お客様の声をもっと見る

まずはお気軽に ご相談ください

お問い合わせの8割は、適切な助言だけで解決する問題です。
「こんなことを聞いていいのかな」と思うことも、どうぞお気軽にご相談ください。

こんな方はぜひご相談を

物件の見方を知りたい

さまざまな不動産会社の営業マンから「この物件はおすすめです」と見学するたびに言われて、どれが本当に良いのかわからなくなった

適正な予算を知りたい

不動産会社でファイナンシャルプランナーに相談したが、物件が高額なほど不動産会社が儲かるので、無理な予算設定になっていないか心配になった

営業メール・電話に悩まされたくない

物件検索サイトで資料請求するたびに、しつこい営業電話が掛かってくるのが嫌。じっくり自分のペースで探したい

戸建は高くて無理!と諦めている

マンションは戸建に比べて割安感がありますが、住居費を冷静に比べた結果、戸建を選択したケースがございます。気になる方はご相談ください

駅徒歩5分以上のマンションを検討している

将来、売却するときの資産価値はどのくらいになるか、試算してみませんか?

近々、契約予定だがなんとなく不安

「聞いていない」「言った、言わない」という契約した方からのトラブル相談が相次いでいます。少しでも不安を感じている方はお気軽にご相談ください

住みながら無理なく「老後の生活資金」を貯められる住まい選びの方法が知りたい

30年住み続けるとその違いが数千万円になることも!「老後の生活資金」を無理せず貯められる可能性がある住まい選びを知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

楽しく"ワクワク"しならがら住まい選びをしたい

人生で一番楽しく大きな買物である「住まい選び」探し始めたときはワクワクしていたのに、不動産会社やハウスメーカーにいくたびに、さまざまな制約が出てきて妥協しないと買えないと思い込んでいた

お問い合わせ