じっくり楽しくあなたと住まい選び

住まい選びの総合医

公式ブログ

シンプルに考えるー無料サービスのしくみ

2015年7月18日

スマホアプリのLINE。私も、スタンプが大好きでいろいろダウンロードしながら妻やクライアントさんとのやり取りを楽しんでいます。今、LINE株式会社の元代表で、現在は顧問をしている森川亮さんの著書「シンプルに考える」を読み終えました。

「やりたいことを追及して、ユーザーニーズに応える」これが仕事におけるMissionだという、とてもシンプルなことが自社のLINE開発の事やGoogleやアップルなどの事例も交えて、とてもわかりやすく書かれており、腑に落ちました。

日テレ、ソニーを経てLINEの前身のハンゲームに入社したいきさつからも、森川さんはやりたいことを追求してきたことがわかります。ただ、それはわがままを押し通すのではなく「人の気持ちがわかる―ユーザーニーズに応える」ことを貫いてきたのです。

森川さんのようなすごい方と同列に語るわけではもちろん、ありませんが私も良く人から「この時代、よく官公庁を辞めて民間企業へ転職しましたね。果ては、起業ですか。」と驚かれます。

大学を卒業して東京都、横浜市役所を経て資産運用会社へ転職。そして現在は不動産を扱う仕事に従事しています。扱うものは違っても、一貫しているのは「より多くの人と、歓びを分かち合いたい」この一心でこれまで、歩んできました。

社団法人「住まい選びコンシェルジュ協会」のサービスも独自性が高いため、浸透に時間が掛かるかと思いきや、法人登記からまだ半年も経たないうちに、さまざまな検索キーワードからお問い合わせをいただくようになりました。

「なぜ、無料なんですか?」これは最も多く受ける質問ですが、実はいまのネット上のサービスって、LINEやGoogleの検索など、無料のものがほとんどなんですよね。もちろん、ボランティアでないことからも、それぞれの「無料のしくみ」はあります。

社団のサービスの肝は、「物件検索からの住宅購入を卒業する」ことです。どういう事かというと、現在のSUUMOなどの不動産検索サイトは「物件の重複と掲載物件が限られている」という、実はとても使いづらいものなので、そんな検索に時間をかけず、「もっと楽しくて役に立つ住まい選びをしませんか?」とお伝えすることです。

ネット検索から問い合わせた物件を購入した人は1割にも満たないにもかかわらず、たまたま問い合わせた不動産会社の営業マンから紹介された物件を購入した人は5割以上という事実が、「物件をダシにした営業マンとの出会いの場」という、ネット検索サイトの本質を突いています。

同じ物件がいくつもの不動産会社から掲載されているのは、サイトを運営しているのが広告会社で、とにかくたくさん物件を掲載すれば、それだけ広告収入が増えるという不動産会社をカモにした「商業主義」にひた走っている証左です。

現在の不動産物件はREINS(レインズ)という、全国の不動産会社がアクセスできる共通のオンラインデータベース上にアップ、日々更新されています。「どこの不動産会社ののれんをくぐっても、出てくる物件はほぼ同じ」ということです。

そうであれば、物件のこと、地盤のこと、治安のこと、地域のこと、資金のこと、住宅ローンのことを、公平中立な立場で丁寧に、親身になってわかりやすく情報提供してくれる不動産会社・担当者から購入したいと思うのが自然ではないでしょうか。

クライアントさんのために日々、愚直に頑張っている不動産会社にとっても、しっかり信頼関係が築けるクライアントさんを紹介してもらえることで、広告費用を大幅に削減でき、その分を社会貢献事業など、世の中に還元できるようになります。

社会還元資金の一部を、社団法人「住まい選びコンシェルジュ協会」の運営費用としていただいている、このしくみにより問い合わせをいただいた方には無料でサービスを提供できるのです。

人と歓びを分かち合うために日々、精進する―私は、これからも愚直に貫いていきます。

100円の贅沢

2015年7月15日

OFFの日は、いつもの早朝散歩に加えて、朝一番のプールで泳ぎます。横浜は夏季の間、公園にあるプールが開いて、一時間100円で泳げるので、私は嬉しくて100円玉を持って公園に駆け込むのです。

20100725200748

プールの水面には、梅雨明けしたかのような真っ青な夏空が映り、心地よい風が吹き抜けます。キラキラと輝く水を眺めて、しばし「ボー」としながら準備運動をして水に入ると、そこはまるで南の島の海のように透き通り、時のたつのを忘れるほどに綺麗です。

小一時間、延々とクロールで泳ぎ続けるうちに、心地良い気分が増してくるのがわかります。水面から首から上だけ出して、白い雲を追いかけつつ一休みをしている間が、なんとも贅沢な時間に思えるのです。

プールを上がり着替え終わると、少年時代にタイムスリップしたような、少し気怠くて爽やかな、あの夏が蘇ってきます。小銭を握りしめて買いに行くものは、あの夏のアイスキャンディーから缶ビールに変わりました。

ですが、日常の美しいものや素敵なことを楽しめる感性は変わっておらず、むしろあのころに気が付けなかったところにも美しさや儚さを感じられるようになっていることを実感できて、なんともいえない豊かさを味わいました。

ヒアリング重視のワケ

2015年7月10日

当社団がヒアリング=聞取りを最重視している理由。それは「買う人、売る人双方の歓ぶ顔が見たいから」なんです。

もし、自宅を売ることになったとしたら、どうでしょうか。不特定多数に宣伝して買うか買わないかわからない「冷やかし客」まで相手にせず、できるだけ本気のお客様に厳選して検討して欲しいと思いませんか。

一方、買う側としては、できるだけ多くの物件の中から、自分に合ったものを見つけたいですよね。洋服選びもそうですが、なるべく多くのブティックに足を運んで、たくさんの服の中から、いちばん似合う服を選びたいのではないでしょうか。

じつは、売り出されている不動産物件というのは売主の思いに2種類あって、「不特定多数に幅広く宣伝して欲しい」ものと「厳選した顧客にだけ、そっと教えて欲しい」ものがあるんです。

SUUMOなどのネットに出ているものや日々、自宅ポストに投函されているチラシの物件というのは、この前者の情報に限られます。洋服ですら、できるだけ多くの選択肢から選びたいのですから、不動産という、人生でいちばん大きなお買い物ですから、限られた中からではなく、あらゆる選択肢の中から、とびきり合うものを選んでいただきたいです。

そのためにはヒアリングをじっくりさせていただき、「どういう物件が相応しいか」を共有させていただくことで、売り主側から見て「不特定多数の買う側」から「真剣に購入を検討している人」になることで、「厳選顧客物件」を紹介できるようになります。

このように売る人と買う人、双方の思いをたいせつにして、丁寧なヒアリングをして的確な物件を提案していくことが当社団サービスの肝ですので、ここを最重要に磨き上げながら、不動産でご縁をいただいた方々みなさんを笑顔にしていきたい、と思います。

相手を思いやる住まい選びのすすめ

2015年7月9日

「住所だけ教えてください」

不動産に携わっていると、こうしたご依頼をいただくことがあります。ご要望に沿えず、たいへん心苦しいのですが、売主様からの要望で不特定多数の方に住所などの機微情報をお伝えすることが出来兼ねる場合があります。

というのも、以前のブログでも触れましたが不動産というのは商品の特性上、下記のような理由で情報公開が大幅に制限されることが多々あります。

・売りたいけど、隣の人に知られるのは、嫌

・まだ住んでいるのに、知らない人にじろじろ見に来られたくない

・不特定多数の人がひっきりなしに見に来て、駐車などで隣近所に迷惑がかかる

・大切な家族との思い出が詰まった家を、知らない人に勝手に入って欲しくない

「いやいや、Googleマップで見るだけで、現地には行かないよ」と仰る方もいますが、「では売る側の立場で、まだ住んでいるのにご自宅住所を検索されたら、どのようなお気持ちになりますか」と問いかけると、ほとんどの方はご納得いただけます。

特に、自由にお好みの間取りや外観内装にカスタマイズできるうえ、キッチン、お風呂などのメーカーやカラーセレクトが可能なフリープラン新築戸建など、建築確認を取得する以前の自由度の高い魅力的な物件ほど、まだ前所有者が居住中であることも多く、住所などの個人情報は厳正に管理する必要があります。

「情報の質」という言葉があります。物事は万事においてそうですが、簡単に得られるものほど価値はありません。不動産という商品の特性上、「購入を真剣にご検討いただける方」という条件が付されて、売主様よりお預かりしている物件というのが存在するのです。

ですのでSUUMOなどに掲載されているものや、ポストに投函されているチラシ、不動産会社から垂れ流されてくる物件情報の中で、価値ある情報を見つけるというのは実は相当、難しいことなのです。

前回のメールでもお伝えしましたが、結局、一年以上かけてなかなか良い物件に出会えなかった私のクライアントさんも、たった一度お会いして、私がお見せした中でご自身にとってキラリと光る宝石物件が見つかりました。

購入を検討している側の方にも、少し想像力を働かせていただき、ぜひ「売る側の気持ち」をたいせつにした住まい選びをしていただきたいと思います。なえならば、そのほうがお互いに豊かで幸せな気持ちになれるからです。

商業主義に踊らされない

2015年7月8日

私がSUUMOなどの不動産物件検索サイトをお勧めしない理由をお話しします。

こうした物件検索サイトをご覧になられた方でしたら、「なるほど」と思うのですが、同じ物件が複数の不動産会社を通じてたくさん掲載されています。なぜ、このような状態になっているかというと、「リクルート」という広告屋さんが運営しているサイトだからです。

広告屋さんは、不動産会社から「広告一件、いくら」という契約をして広告費をもらっています。ですので、同じ物件でも広告したい不動産会社がたくさんあるほど、儲かるのです。探す人の立場からすると、こんなに使いにくい検索は無いのではないでしょうか。

物件が重複しているうえに、売主のプライバシー保護の観点から、すべての不動産物件が掲載されていません。辞書やウィキペディアに例えると、調べようとした単語に複数の意味が掲載されていたり、まったく掲載されていないのと一緒です。

このように一見、探す人の立場に立っているように見える不動産検索サイト。ですが実態はまったく探し手の利便性など無視した広告屋さんと不動産屋さんがタッグを組んだ、商業主義の塊なのです。

少しでも早く、多くの方が気が付いて、貴重な時間を浪費せず、住まい選びをしていただきたいと思います。

「賃貸」と「購入」の違い

2015年7月7日

ご存知の方も多いかと思いますが、不動産を探す際、賃貸と購入では物件の性質に下記のような違いがあります。

・ネット上にすべての物件情報が出ているかどうか

賃貸の貸し手である大家さんは空室ロスを最小限にしたいので、できるだけ早く「貸したい」ため、なるべくたくさんの不特定多数の人に見てもらえるようにネット、チラシで積極的に広告をします。そのため、賃貸であれば不動産検索サイトは十分に機能しています。

一方、購入の場合、売り手はもちろん売りたい気持ちはありますが、ご家族との思い出やプライバシーなど、たいせつなものがいっぱい詰まっている家をできるだけ繊細に情報を扱って欲しいという思いもあり、ネット上に掲載されない情報も多々あります。

・構造の違い

賃貸の場合、大家さんの儲けは「家賃収入―建築+維持管理コスト」になります。ですので出来るだけコストを掛けずに、なるべくたくさんの人に借りて家賃収入を最大化したいと大家さんは考えます。

購入の場合は、売り手は選んでもらえるようにできるだけ耐震性を高めたり、壁や床の厚みを増やすことで安全性や居住性を追求します。一概には言えませんが、自ずと賃貸よりも購入の方が丈夫で快適な傾向があります。

・管理の違い

賃貸の場合、大家さんは管理コストを掛けたくないので、どうしても最小限の管理になります。ゴミ置き場のごみの散乱やや共用廊下の電球の球切れなどをいちいち報告しないと対応してくれないケースも少なくありません。

一方、持ち家は自分の所有物をできるだけ良好に保ちたい意識が自ずと働きますので、管理状態が良好な物件が比較的多いのはこのためです。

・隣近所や周辺環境の違い

人の意識はそれぞれのため、一概には言えませんが、賃貸=仮住まい、分譲=長期居住という意識が働く傾向があります。このため、あくまで一般論ですが賃貸の多いエリアの雰囲気、治安は持家のエリアに比べて悪化する傾向があります。

賃貸と購入のこうした数値化しにくい性質の違いは、「住み心地」を左右する、買うか借りるかを選択するうえでとても重要な指標になるのではないでしょうか。

よくある「買うと借りるのでどちらがお得か」といった金銭的な損得も大切かも知れませんが、せっかく住むのですから、数値化できない価値というものにもしっかりと目を向けてそれぞれのご家族にとって、最適な住まいを選んでいただきたいと思います。

不動産のネット検索という「時間のムダ」

2015年7月6日

え!この物件も初めて見ました。ネットに全部の不動産物件が出ていないのは、ほんとうなんですね。。。

これは昨日、初めてお会いしたクライアントさんの言葉です。この方は2歳の男の子のお母様で不動産会社になかなか行く時間が取れず1年以上、ネットで住まい選びをしていました。今回、口コミで当社団のことを知ったそうです。

不動産というのは商品の特性上、下記のような理由で情報公開が大幅に制限されることが多々あります。

・売りたいけど、隣の人に知られるのは、嫌

・まだ住んでいるのに、知らない人にじろじろ見に来られたくない

・不特定多数の人がひっきりなしに見に来て、駐車などで隣近所に迷惑がかかる

・大切な家族との思い出が詰まった家を、知らない人に勝手に入って欲しくない

売る側の立場になって考えれば、このような気持ちは共感できるのではないでしょうか。自動車などの工業製品とは異なり、売り手の思い出や個人情報など、たいせつなものがいっぱい詰まっているのが不動産という商品なのです。

私は常々、こうした情報をもっと繊細に扱いたいし、その必要性を声高に訴えています。新聞の折り込みやポストに投函されるチラシや、不特性多数の人が閲覧するインターネット上にたいせつな情報を晒す正当な理由など、実はあまりありません。

「情報の質」という言葉があります。石ころと宝石との違いのように、物事は万事においてそうですが、簡単に得られるものほど価値はありません。あらゆることをネットで調べることが当たり前になった時代こそ、この「物事の本質」を再認識することが大切です。

結局、一年以上かけてなかなか良い物件に出会えなかったこのクライアントさんも、私がお見せした中でご自身にとってキラリと光る宝石が見つかったようです。

「この一年以上、ネットで隈なく物件を探し続けていた“つもり”になっていた時間は一体、何だったんだろう」とポツリと仰っていたのが、印象的でした。

時間はとても大切で、価値あるものです。ネット上で不動産を探している“つもり”になっている時間を、ご家族との語らいや仕事の自己研鑽、本を読んだり音楽を聴いたり、絵を描いたりする芸術活動など、それぞれ有効に使っていただきたいと切に、願います。

行動変容

2015年7月5日

「早く片付けなさい」子どもたちが寝る前、妻のお決まりのセリフです。

小5の息子と小1の娘は、時折この「先延ばし」をします。多分、「面倒くさい」とか「気が乗らない」とか本能的なところで自然としてしまっているのでしょうか。しかし、人は経験とともに「先延ばし」が良い結果を生まないことを学んでいきます。

私はよく、クライアントさんから「山田さんはメールのレスポンスがものすごく早いですね。疑問を解消する情報をいただけたおかげで、他の人に買われてしまう前に、物件の検討をじっくりできました。」と歓んでいただくことが多々あります。

人に歓んでいただけることは、とても気持ちが良いことです。子どもたちも何度も、こうした心地良さを味わうことで「すぐにやる」習慣を早く身に着けていって欲しいな、と感じます。

「同じことをしたとしても、時間が経つほど、その価値は減っていくんだよ」

私がこれまでの人生で学んだ経験則を、子どもたちに伝えるのですが、なかなか一朝一夕には行動が変わりません。諏訪中央病院の名誉院長の鎌田先生の言葉「他社に行動変容を起こすには、相手の身になった思いやりと強い意志、生き様が重要」を思い出しました。

「わが子すら、なかなか行動変容を起こさせることは難しい」―このことを日々、痛感させられています。まずは私の日々の行いと、子どもに対する思いを振り返り、今日も感謝と思いやりの気持ちで、家族、クライアントさん、仕事仲間と向き合いたいと思います。

降り続く雨を窓越しに眺めながら、くるみ割り人形のLP(レコード)を聞きながら一杯のコーヒーを飲んでいます。―さあ、今日も爽やかな一日を過ごしましょう!

「ひとくくり」にしない

2015年7月1日

ギリシャの預金封鎖に端を発した、金融危機が騒がれていますね。

私は以前、資産運用会社に長く勤務していたこともあり、クライアントさんからは資産運用や金融商品に関する相談を受けることがあります。

その時、「日本株は大丈夫でしょうか」「成長を期待するなら、新興国が良いんでしょうか」という言葉が必ず、いろいろな方の口から発せられるのです。

「日本」や「新興国」といったくくりは、物事を見極めるうえで「ほんとうに正しい」のでしょうか。なんだか、中学生の頃、先生から「あの学年は優秀」とか「今年は2年生が荒れているな」とかレッテルを貼られたことを思い出すのです。

荒れている学年の子ども全員が荒れているわけではないし、優秀な学年の子ども全員が、優秀とは限りません。この、すごく当たり前のことが意外と見過ごされている気がします。

確かにETFなどの一部金融商品であれば、日本株というくくりも多少は有効かもしれませんが、日本株というひとくくりの言葉の中には、数多の日本企業の株式が存在しています。中には川底の砂金のように「キラリ」と光る企業がたくさんあります。

一方、新興国の株式に投資する場合は、どうしても「為替変動リスク」を考慮しなくてはなりません。この動きはお天気以上に読みにくく、確かに投資した企業の株が上昇したとしても、その間の為替状況によっては損失が出ることも十分、あります。

「良くわからないものには、投資をしない」これは、私が東京の資産運用会社にいたときに教わった言葉で、今でもすごく心に残っています。

郵便局やメガバンク窓口で売っている運用商品は、実際にどこに、投資がされているのでしょうか。投資信託であれば、どういう人が運用者で、どこの会社の株式を購入しているのでしょうか。たいせつなことは、郵便局や銀行は一切、元本を保証してくれません。

だからこそ、ひとくくりの言葉に惑わされずに、じっくり一つ一つを見極めていく丁寧さが必要だと感じます。

不動産に関しても、まったく一緒で、確かに今、首都圏の不動産という「ひとくくり」では上昇傾向ではありますが、個別に見ると価値が下がり続けている物件も相当数、存在しています。

不動産も、金融商品という性質を有する以上、「良くわからないものは購入しない」ことはもちろんですし、「憧れ」や「幸せな生活」などのイメージに惑わされず、将来を見据えた冷静な目線で、じっくりと選んでいただきたいと切に、思います。

不安の先延ばしをしない

2015年6月17日

ご夫妻ともに30歳前の若いクライアントさんのお話です。

お問い合わせをいただいたとき、未だお子様が小さいとのことでしたので、ご自宅近くのファミレスでお会いすることになりました。当日、1歳ちょっとの可愛い女の子を抱っこしてお越しいただきました。

私は、クライアントさんのお子さんを見るたびに、自分の子どもの小さい頃を思い出して、思わず好々爺のような笑顔になってしまいます。そのせいか、子ども受けはとても良く、「なかなか男の人にはなつかなくて」なんて子もすぐにじゃれ合うほどです。

さて、今回もコーヒーと紅茶をいただき、ざっくばらんな雰囲気でお探しの条件などを丁寧にヒアリングしていきました。お勤め先、ご年収、ご予算ともに現在のライフスタイルであれば特段、問題が無さそうです。

ところが、じっくりヒアリングしていくうちに、ご夫妻の漠然とした不安が顕在化してきました。それは「予算と買うタイミングは今で良いのか」ということでした。

現状、奥様が全力で子育てに向き合っているのでご主人の収入のみで家計を賄っており、もう一人お子さんが欲しいことを考えると、二人目を産んでひと段落して、奥様も働ける状態になってからの方が良いのでは、という考えが湧いてきました。

また、ご主人のお勤め先も雰囲気があまり良くなく、若いうちに転職していく方も比較的多いという状況も、今買うよりも数年後に理想の職場環境に落ち着いてからの方が良いのでは、という思いを後押しする要因のようです。

こうした漠然としたご不安を抱くお気持ちは、私も購入経験者としてもっともだと感じます。何しろ、年収の何倍ものレバレッジ(てこ)をかけて買う、大きなお買い物です。勢いや幸せなイメージだけで買うものではないし、買っていただきたくはありません。

私がお手伝いをできることは、不安の源泉を紐解いて根本原因を突き止めることと、住まいという商品を冷静に買う買わないをご検討いただけるように、他とは異なる性質にフォーカスをして、数値やデータでできるだけ客観的にお伝えをすることです。

人は生きるうえで、どこかには住まなくはなりません。賃貸にしろ、購入にしろ住居費は必ずかかる、という前提でお話いたします。

一般的な首都圏の相場を適用して、ファミリー世帯の住居費を月8~10万円とします。

・将来、病気や怪我、リストラや転職などのリスクに遭遇したとき大家さんは支払いを待ってくれないが、銀行は国策により住宅ローンの返済に融通を利かせてくれる

・万が一のことがあったとき、賃貸は残された家族が家賃を払い続けるが、購入だと保険機能により支払い免除となり、資産としてご家族の手元に残る(住居費がほとんど掛からないで住み続けられる)

今買う場合と将来、買う場合でどちらが良いかは、将来のことはわからないので正解はないとは思いますが、住宅ローンが借りられないと買えない高額商品の性質上、保険に加入できる健康体であることと、お勤め先が信用力が高いことはとても大切な要素です。

貸す側の立場に立ってみて、現在と将来の状況を比較して、どちらのほうが「借りられないリスクが低いか」という視点も重要ではないでしょうか。

不安というのは、実は「見えないもの」や「どうなるかわからないもの」といった漠然とした不確定な要素に対して、生じるものです。ですので、できるだけ客観的な指標を用いて「見える化」することで、冷静なご判断をしていただけるようになります。

いちばん、してはいけないことは結論が出ずに堂々巡りとなって、ま、いっかと「不安の先送り」をすることではないでしょうか。ご家族でしっかり考えた結果、賃貸でずっと暮らすというのは全然アリですが、だらだらとした賃貸生活は家賃の垂れ流しに過ぎません。

ひと月の住居費を10万円とすれば、毎年120万円の新車が一台、買えます。

生きる上では必ずかかる住居費。賃貸か購入かの結論を先延ばしして垂れ流し続けるか、資産として将来に向けてストックしていくかの違いは、時の経過とともに大きな差になって自身に還ってくるのではないでしょうか。

まずはお気軽に ご相談ください

お問い合わせ