じっくり楽しくあなたと住まい選び

住まい選びの総合医

公式ブログ

つい、やってしまう

2016年1月7日

IMGP5697

 

おはようございます。写真は、毎朝の散歩で出会うどこかの家の飼い猫、プチ(勝手に命名)です。耳が垂れていてとても毛並みが良いのがお気に入りです。

 

今年もたくさん、クライアントさんから年賀状をいただきました♪長年、お付き合いしているご家族の写真入り年賀状を見ると、住宅購入のときはまだ赤ちゃんだったお子さんがすっかり大きくなっていたりして毎年、変わらぬ素敵な笑顔にとても癒されております。

 

実はこうした嬉しい便りの一方で、お正月の間も社団には緊急の入電が連日、入ってきておりました。いずれも他の不動産会社で契約した後、手のひらを返したように担当者の態度が急変したり、契約前と話が違う!という深刻かつ急を要するものばかりでしたので、即座に対応を致しました。

 

せっかくご家族と楽しく過ごすはずの年末年始を、怒りや不安の中で過ごされているご心情は察するに余りあり、「社団のホームページを購入前に見つけて、私ともう少し早く、出会っていれば・・・」と残念に思います。

 

問題が起きているときは、さまざまな要因が複雑に絡み合っていることがほとんどです。ですので、まずはじっくりと状況をお伺いして、目の前の問題から丁寧に紐解いていきながらひとつひとつ、解決策を提案していくと、最後には解決の筋道が見えて安堵の声や表情を浮かべられます。

 

思うに、この仕事をしていて最大の報酬はやっぱり、クライアントさんの笑顔です。

 

たしかに、私が住宅の購入や売却のお手伝いをした結果、信頼と実績のある提携会社から協会の運営費をいただける状況も有難いことですが、日々いただくご相談の8割は適切な助言で解決する問題がほとんどです。どちらにしても、クライアントさんが笑顔になれば、それが何よりうれしいです。

 

契約後のトラブルを聞くにつけ、住まいというのは「ご家族の命と財産を守る」という、他の商品とは比較にならないくらいの重責と使命を背負っているものだからこそ、物件とのご縁の前に「人(担当者)とのご縁がたいせつ」ということを都度、再認識させていただいております。

 

仕事を通じてこそ、最大の社会貢献ができる、とよく言われますが、私の場合はそれほど堅苦しいものではなく「気が付いたら つい、やってしまう」という性分のようなものかも知れません。

 

今日も関東は爽やかな冬晴れですね。これから寒波が来るそうですので、暖かくしてお過ごしください♪

まずはお気軽に ご相談ください

お問い合わせ

無料メールマガジン好評配信中!

  • 住まい選びのお役立ち情報が知りたい方はこちら
  • 代表理事 山田剛司の日記が読みたい方はこちら