じっくり楽しくあなたと住まい選び

住まい選びの総合医

公式ブログ

不動産担当者の適性を知る5つの魔法の質問

2015年10月1日

おはようございます。今朝も爽やかな秋晴れに恵まれました♪

IMGP4786

小一時間、息子と早朝の森を散歩してきて今、このブログを書いています。

さて、人生でいちばん大きなお買い物である住宅を誰から買うかは、とても大切です。たまたま出会った担当者が果たして、人生の重要な決断を下す際に相応しい人かどうか、5つの質問で見極められてはいかがでしょうか。

「○○さん(担当者の名前)は、いつ頃、家を買いましたか?」

「買ったことが無い」など、自宅の購入経験が無い担当者は論外です。いくら知識があっても、経験が伴わないのでは机上の空論に過ぎません。

「○○さんの奥様(ご主人)だったら、この家をどう思いますか?」

「結婚していません」など、独身の担当者も要注意。住まいは男性と女性、双方の目線でバランスよく選ぶ必要があります。偏ったアドバイスしか得られない可能性が高いです。

「このエリアのリスクは何ですか?」

「知りません」など、調べる気も無い担当者は論外。洪水、津波、土砂災害など、自然災害のリスクはもちろん、犯罪発生率など他のリスクもできるだけ多く、データをもとに伝えてくれる人が望ましいです。

「おすすめの物件はどれですか?」

「これです!」なんてもってのほか。会って間もない担当者が、住まいに対する要望をしっかり把握できるとはとても思えないのに、お勧め物件なんてありえません。

日々、どのようなことを大切に過ごされているかを、じっくりお伺いしたうえで、実際の物件を何度か一緒に見させていただいて初めて、おすすめ物件が提案できるのではないでしょうか。

「いつが買い時ですか?」

「今でしょ!」は林先生だけにしましょう(笑)消費税増税前やアベノミクスなど、これまでも常に買い時と煽ってくる営業マンがいましたが、住宅購入は国の経済政策として奨励されているので、増税時には住宅ローン控除の拡充や給付金などの新設で、結局増税後にも優遇措置が図られました。

「買い時」はしいて言えば、結婚を機に、とか子供が増えた、とか「ご家族それぞれ」ではないでしょうか。

上記の質問をすべてクリアした担当者は、合格です。しつこい電話営業や購入を煽られること無く、楽しく快適で役に立つ、住まい選びのお手伝いをしてくれると思います(^^)

それでは、今日も良い一日をお過ごしください♪

まずはお気軽に ご相談ください

お問い合わせ