じっくり楽しくあなたと住まい選び

住まい選びの総合医

公式ブログ

目の前のクライアントさんに、しっかり向き合う

2015年7月27日

「職場で山田さんのことを話したら、紹介して欲しいって言われたんですけど、いいですか?」

昨日、クライアントさんから嬉しいお電話を頂戴しました。そういえば、ここのところ、こういったお話をいただくことが多いです。

このクライアントさんの職場の方は、まだ何にも不動産のことを知らない、ということでした。まさに「私向き」の方だと思います。こういう方がいきなり不動産会社に問い合わせをすると「カモ」にされてしまうことも少なくありません。

「親友や家族といった、自分にとって大切な人だとしたら、どうするか」が真の意味で信頼されるサービスを提供するうえで、とても重要だと感じています。悲しいことに、知らないことを良いことに、口先の「営業トーク」でノリと勢いで買わせるのが不動産業界の現実です。

住宅展示場に行けば、そこには実際にはあり得ないほど広くて立派なモデルルームがあり、新築マンションのモデルルームに行けばプロモーションビデオなどでも、買えばあたかも「夢の生活」を実現できるかのように刷り込んできます。まさに「イメージ戦略」です。

結局、目の前で向き合っている人が、商品だけで繋がっている「お客様」なのか、人と人の信頼関係が基盤にある「クライアントさん」なのかという「意識の違い」がとても大きいのではないでしょうか。

2013ハマスタ - 03

話が飛びますが、我が街のプロ野球団「横浜DNAベイスターズ」は観客動員数の伸び率が両リーグ12球団中トップだそうです。特別、広告宣伝に費用を掛けるのではなく、「いかに、球場に来ていただいた方に楽しんでいただくか」に力を入れています。

靴を脱いで、自宅のようにくつろげる「リビングシート」は子連れに大人気。ビールサーバーまるごと貸出サービスは大人数の仲間同士で盛り上がるのに、大ウケ。ちょっと高いですが、野球解説者の解説を聴きながら観戦した後は、中畑監督とディナークルージングできるチケットも大人気だそうです。

話に聞くだけですごくワクワクしませんか(^^)実際、一度足を運んだ人は楽しかったことを周りの人に話します。すると、それを聞いたは「行ってみたい」と思うそうです。まさに、顧客が「ファン化」した瞬間です。

広告宣伝に力を入れるスタイルというのは、新規顧客ばかりに目が向いていて、持続性に乏しいとても短期目線に感じるのは、私だけでしょうか。ファンになっていただけるように、目の前のクライアントさんに全力で向き合うことが大切だと日々、感じています。

おかげさまで、私はクライアントさんにも、コンシェルジュにも恵まれていて、SUUMO掲載などの広告宣伝に力を入れたりするような短期目線の方とのお付き合いとはまったく無縁な、心穏やかで楽しい日々を過ごさせていただいております。

今回のクライアントさんなんて、まだご自身の物件ですら成約=購入していないにもかかわらず、職場のたいせつな方を紹介してくださるという、嬉しいお言葉を頂戴しました。ほんとうに、有難いことだと感じます。

豊かな人間関係から生まれる雰囲気が、とても良い循環を生んでいることに感謝して、今日も目の前のクライアントさんとしっかり向き合って、楽しく、と~っても役に立つ、住まい選びのお手伝いに尽力してまいります!

まずはお気軽に ご相談ください

お問い合わせ