じっくり楽しくあなたと住まい選び

住まい選びの総合医

公式ブログ

目先の利益を追わずに、人とのご縁を愉しむ

2015年6月14日

昨日は首都圏一円で住まいをお探し中のクライアントさんのところへ行ってきました。

リタイア後のご夫婦の終の棲家を、じっくりお探しになられたいとご依頼いただき、東京駅から1時間圏内で東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県と広範囲でお探しになられています。こうした広範囲の長期的なご依頼はまさに、当社団向けのオファーだと感じています。

このご夫妻もはじめは私のスタンスに懐疑的でした。現地を確認したりする際の移動にかかる交通費などの経費をいただかず、時間的なコストに関してもあまり頓着しない。しかも検討した結果、住み替えをしなくても良いという結論も全然アリなんです。

「そんなんで、商売になるんですか?」

「はい。家族も、社団職員も食えているんで、大丈夫ですよ」

私は、即答しました。というのも、一人ひとりのクライアントさんに本気で親身になって、その人のお役に立つことが仕事をする上での歓びである以上、「利益はちゃんと、あとからついてくる」からです。

この感覚、わかるでしょうか。仮に、目の前のクライアントさんはじっくり検討した結果、住み替えをしない、つまり私に利益をもたらさなかったとしても、知人の方をご紹介いただけることがあります。

もちろん、それを期待するわけではありません。ですが、結果としてそうなっていることがあります。旧来の日本型の経営と言うのでしょうか。日本企業の中でも数百年以上続いているいわゆる老舗の企業は、目先の利益を追わずに、人とのご縁を愉しんでいます。

私も、このクライアントさんにお会いするときは、とてもワクワクします。人生経験が豊富なご夫妻の、含蓄に富んだお話はすごく勉強になりますし、私にとってまさに、仕事の糧のみならず「人生の糧」になっていると実感します。

私は、それぞれのクライアントさん過ごす時間は、金銭的なものでは図ることのできない、それこそpricelessな「利益」をいただいていることを感じます。それがとても楽しくて、嬉しくて、ものすごく有難いと毎度のことながら、実感するのです。

「目先の利益を追わずに、人とのご縁を愉しむ」という、当社団のゆったりとしたビジネススタンスを疑いの目で見る人もいれば、共感していただける方もいらっしゃいます。ここがすごく面白いところで、どちらの目で見られるかで、実はその方自身が仕事や人とのご縁とどのように向き合って、人生を歩んでおられるのかが良く感じ取れるのです。

そうした点で、まさに「試金石」にもなっているように思います。

まずはお気軽に ご相談ください

お問い合わせ