じっくり楽しくあなたと住まい選び

住まい選びの総合医

公式ブログ

角砂糖14個を食す

2015年5月4日

昨日の続きで炭水化物について、もう少し書きます。米、パン、パスタ、うどんなどの炭水化物は、体内で糖質に変わります。つまり「オブラートに包まれた砂糖」と言えるのではないでしょうか。Sugar Stacksという、食品に含まれる糖分を角砂糖(一個4g)に換算した面白いサイトがあります。

・6枚切り食パン一枚=角砂糖8個

・白米飯一膳=角砂糖14個

・素うどん一玉=角砂糖14個

これ、すごくないですか?私はこの数字を見て、驚きました。角砂糖って、コーヒーとかに入れて飲むものですが、そのままなめるとものすごく甘いです。それが、炭水化物に変わると、まるでオブラードに包んだように、食べやすくなるんですね。

これを見ると、炭水化物を主食とした食後に、血糖値が上昇するのもわかります。糖尿病の人は、炭水化物自体、食べてはいけないのではないでしょうか。そんな疑問が、角砂糖に置き換えると自然と湧きます。

面白い例として、アルコール中毒の患者の治療は断酒が基本で、「一日**杯はOK」といった適度なアルコール摂取など絶対に推奨しないのに、糖尿病学会は糖質中毒患者である糖尿病患者に、「白米は**杯程度」など適度な糖質摂取を治療指針に定めています。完治しない理由は、まさにここにあるのではないでしょうか。

住まい選びの専門家である私が、なぜ食のことをブログで書いているのでしょうか。それは住まいと言うのは、ご家族の生命と財産を守るものですので、生活面のあらゆる情報と知識を得ることがたいせつだと感じているからです。たとえば住宅ローン借入時にクライアントさんが団体信用生命保険に加入できるよう、健康に関する知識も当然、必要になります。

そして、こうした知識は「利権が絡む団体からの情報発信ではなかなか得られない」ことも、お伝えしたかったことです。先述した糖尿病学会のホームページには、製薬会社の広告が掲示されています。だから完治させる治療は推奨しないのではないでしょうか。

「安心感にこだわった住まい選び」には、住まいという生命と財産を守る最たるものを選択することですので、常識の枠にとらわれず、さまざまな情報を得たうえで、最適な判断をしていく必要があるのではないでしょうか。

私は、人生でいちばん大きなお買い物の不動産購入に際して、周辺環境、雰囲気、治安、子育て、教育、福祉、地盤、災害リスクなどの気付きにくいですが、たいせつな情報を可能な限り入手して、わかりやすくお伝えして行きたいと強く感じています。

まずはお気軽に ご相談ください

お問い合わせ