じっくり楽しくあなたと住まい選び

住まい選びの総合医

公式ブログ

横浜市歌

2015年3月30日

わが日の本は島国よ 
朝日かがよう海に 
連りそばだつ島々なれば
あらゆる国より舟こそ通え

IMGP1067

されば港の数多かれど 
この横浜にまさるあらめや
むかし思えば とま屋の煙 
ちらりほらりと立てりしところ

IMGP1050

今はもも舟もも千舟 
泊るところぞ見よや 
果なく栄えて行くらんみ代を
飾る宝も入りくる港 

IMGP1107

1909年(明治42年)7月1日に行われた、
横浜港の開港50周年記念祝祭にて披露
されて以来、市民に歌い継がれています。

IMGP1110

作詞は森林太郎(森鴎外)で現在も
市立の小学校では、校歌とともに
歌唱指導されています。

開港記念日(6月2日)や卒業式、市大会
などの行事で、演奏・斉唱されています。

私の故郷の信州も、信濃の国という、
ほとんどの県民が歌える歌がありました。

住んでいるところに、歌い継がれる歌が
あるのは、なんだかとても豊かで幸せな
気持ちになります♪

まずはお気軽に ご相談ください

お問い合わせ