住まい選びコンシェルジュ協会

誰もが安心して住み替えができる世の中へ

MESSAGEメッセージ

住まい選びに必要なのは、情報ではなく「思考法」

そもそも住まい選びに必要なのは知識でも情報でもない、どう選べばいいかの判断基準、 つまり思考法です。しかしネット上には物件情報ばかりが溢れ、家探しをしている9割の方は 「自分にとって相応しい住まい」を選べずに、無駄に時間を費やしているのが現状です。

なぜ、あなたは家が欲しいのですか?

家族が増えて手狭になったから 家賃がもったいないから 持家は資産になるから よくある家を買いたくなった動機です。

でも、手狭になっただけだったら、広い賃貸に住み替えればいいはずです。

これから2050年にかけて、日本の人口は3,300万人も減ると国土交通省が試算しています。

空き家も増えて売るに売れない「負動産」がますます増える時代です。
「家賃がもったいない」といってやみくもに買ったところで果たしてほんとうに資産になるのか、怪しいと思いませんか?

「金利が低い今が買い時」「消費税が上がる前に」「他の人に買われる前に」

ノルマを達成するために煽り続けるだけの不動産会社やハウスメーカーの営業マンに、疲れながら探している人が後を絶ちません。

「そのまま今の家に住み続ける」という提案もできるのが、プロです。

9割が知らずに買っている不動産の真実をわかりやすく伝え、 家を探しすべての人が正しい情報のもと、最適な判断をしていただく プロ不在の不動産・建築業界の現状を根本から変えるべく、 「一般社団法人 住まい選びコンシェルジュ協会」を立ち上げました。

ABOUT住まい選びコンシェルジュ協会の特徴

住まい選びの総合医TM 住まい選びコンシェルジュ協会とは

すべての家を探す人が、資産性や災害リスクなどの必要かつ公平中立な情報を得られ、適切な判断ができるように設立された社団法人です。

医療業界でいう「総合医・主治医」のような存在です。

当協会は、不動産・建築業界における住まいを買う人・売る人・借りる人の問題解決をお手伝いする、まさに「住まい選びの総合医」です。

SERVICEサービスのご案内

ホテルのコンシェルジュのように適切な情報と助言であなたの住み替えの問題解決を支援します。

・ライフプランシミュレーション  
~いくらまでなら安心して買える?がわかります~

「モデルルームや不動産屋でFPに購入可能と資金計算されたが高額過ぎて不安になった。」

こうしたご相談が後を絶ちません。実際、限度額いっぱいの借入をした共働きの夫婦で、その後奥様の収入が減少して支払いが困難になっているケースが多く見られます。

もっと読む

住まい選びコンシェルジュ協会では、住宅購入資金に不安を抱えている方には、 月々の収入や支出、教育、旅行、夢、老後資金まで現在だけでなく将来まで見通して、 無理なく安心して購入できる予算を決める支援を行っています。

・住まいのウインドウショッピング  
~あなたに相応しいエリアと物件がわかります~

「てっきり○○駅のマンションだと思っていたけど、実は××駅の戸建が合っていた。」9割以上の方が思い込みで家を探しています。不動産はエリア毎に価格と広さの相場がありますが、プロでもない限り一般の方は知りません

もっと読む

ネット検索ではエリアや駅、戸建かマンションかで絞り込んでから 初めて不動産屋に相談しますが、なぜこのような探し方になっているかというと、 いまはREINSの時代で不動産屋ごとに物件情報に差異が無いことを知らないからです。
→REINSについてはこちら

どこの不動産会社も同じ物件データベースを使用しているのですから、 住まい選びの成否を握るのは物件探しの前に信頼できるプロとの出会いです。

住まい選びコンシェルジュ協会では、信頼できるプロとのマッチングを支援して、 住み替えを検討し始めた段階で、丁寧かつ詳細にヒアリングをしてご自身が 気付いていない、ほんとうに住みたいエリアと物件を洗い出す支援を行っています。

ある程度理想のエリアや物件が絞り込めたら、実際に○○駅と××駅の 戸建とマンションを見比べる「住まいのウインドウショッピング」で 買う買わないは置いておいて楽しみながら比較検討できるように支援しています。

・理想の住環境をあなたにぴったりとカスタマイズ  
~注文建築やリノベーションの検討を支援します~

「住宅展示場で話を聞いただけでしつこく営業されて辟易とした。」 理想の住まいを思い描くことは、ほんとうはとっても楽しいイベントなのに、自社の利益や営業ノルマといった自分本位な対応をされて嫌な思いをする人が多いです。

もっと読む

住まい選びコンシェルジュ協会では、決して煽られたりせずに 親身に相談に乗ってくれる建築のプロとのマッチングを支援しているので、 どうぞ存分にあなたの趣味や快適なテレワーク環境を実現できる住まいをご検討ください。

もちろん、建売や中古住宅との比較検討も存分にしていただけますから、 どうぞ知恵熱が出るほどじっくり住み替えをご検討ください笑

・笑いが絶えない住まい選びの楽校

賃貸か購入か~災害が多く人口減少する日本での住まい方の正解とは?~ 公平中立な情報で業界の仕組みや将来の資産性、災害リスクのことが学べます

「まさかこんな災害に巻き込まれるなんて」「二束三文でしか売れない!知ってたら買わなかった」

もっと読む

間違って買ってしまっても将来売れない(捨てられない)不動産は、 買い方を間違うと命の危険や財産を失うことと直結します。

そんな「負債になる不動産」=「負動産」を買わないために、 しっかり学んであなたを富ませて将来安心できる「富動産」と 出会えるように適切な情報で支援しています。

無料メールマガジン好評配信中!



POINT住まい選びコンシェルジュ協会が重視するポイント

・「人生でいちばん大きなお買い物」である住宅購入に対して、手を取り合って作戦を練って進めていきます。

というのも現状、残念ながら不動産会社やハウスメーカーの営業マンの中には、顧客の話をろくに聞かなかったり、話をすぐに遮ったりする人さえいるのも事実です。

もっと読む

人生の楽しい一大イベントあるはずの住まい選びにおいて、チームメイトの話を聞かずにどうして楽しめるでしょうか?あまり語られないことですが、住まいというものは、非常に「個別性」が高い分野です。

「個別性」とは言いかえると、10人いれば10通りの住まいがあるということです。ですので住まい選びの総合医はクライアントさんの生き方に寄り添い、支援することが使命です。

・テーラーメイドの住まい選び

これは、一人一ひとりのクライアントに合わせた住まい選びを支援していくという意味です。これからの時代、この「個別性」はよりいっそう加速されるでしょう。

もっと読む

目の前のクライアントさんが、どんな生き方を望んでいるのか。それを知る唯一の方法は、やはり面と向かっての会話です。その意味で、話を聞いてくれない営業マンは、顧客に向き合っていないと、私は思います。

住まい選びの総合医は、ちゃんとクライアントさんの話を聞く姿勢を持った「住まい選びコンシェルジュ」の育成にも注力していきます。

・9割以上が知らずに買っている不動産の真実を、公平中立なプロが、わかりやすくお伝えします。

ほとんどの人がネットやチラシ、電車のつり革広告で興味を持った物件を見学に行っています。 でも実はこれらは売れ残りだってご存知でしょうか?

もっと読む

なぜならば、いい物件は多額の広告費をかけずとも売れていきます。
勉強会に参加して、ぜひあなたにもいい物件の探し方を学んでいただきたいです。
「知っていれば買わなかった」という後悔は絶対にさせません。

・目に見えない条件を大切に

「駅徒歩10分以内」「3LDK」「南向き」などの条件に目が行きがちですが、実は住まい選びも結婚相手を選ぶのと同様に、目に見えないことのほうがたいせつだったりします。

もっと読む

もしも結婚した後に、職業も年収も身長も条件を満たしているのに、酒乱だったことがわかったらどう思いますか?

見に見える条件はすべて満たして買った家が、住んでみたら地震でひどく揺れたり、荒れている学区だったら困りますね。

実は、当方に家を買った後で相談に来られる方の多くが、こうした目に見えない条件でお悩みなんです。

結婚相手も住宅も適切なマッチングが大切です。特に目に見えない条件を重視すれば、必ず幸せな住み替えができます。

・9割は洗脳されて家を買っている

「契約をしたが、とても支払える金額ではない。どうしたら良いか・・・」というご相談も非常に多く寄せられています。「後になって考えると、あの時どうしてあんなに欲しかったのか、よくわからない。」というお話も多いです。実は、住宅というのはとても洗脳されやすい商品なんです。

もっと読む

「同じものが二つと無い」ことを武器に、営業マンはとかく契約を急がせます。

「ローンキャンセルで出たばかり。今がチャンスです。」

「先ほどご覧になられたご家族も、とても気に入っておられました。」

「ご検討中に無くなってしまうといけないから、とりあえず手付金だけでも入れましょう。」

また、現在賃貸に住んでいる人からすると、モデルルームや住宅展示場の家、ネットで問い合わせた物件もすべて、設備や仕様が魅力的にみえることがほとんどですから、「買ったらこんな素敵な暮らしができる」というイメージがしやすいため、商品の中ではとても売りやすいといわれています。

実際、平均の見学物件数は2~3件というデータからも、高額商品にしては非常に少ない見学件数で購入している状況がわかります。洋服だってショッピングモール内を歩き回って、いくつも試着してから買うのですから、人生でいちばん大きなお買い物の住宅だって「ウインドウショッピング」をしながら、じっくり選んでもきっと遅くは無いと思います。

・すべての人が住まいとの適切なマッチングができる世の中へ

これが当協会設立の理念です。「今、買わないと売れてしまう」と営業マンに言われ、焦りと不安の中で契約を迫られているケースが後を絶ちません。「急いては事を仕損じる」ということわざの通り、こうした状況下では判断力が鈍り失敗する可能性が高まります。

もっと読む

住まい選びは人生の一大イベント。安心して楽しんでいただきたいと切に思います。

そのためには売ることを優先する営業マンではなく、探す人の目線で親身になってサポートをしてくれるプロ=コンシェルジュが必要で、当協会の理念に共感し研修を受けた「認定住まい選びコンシェルジュ」が徐々にですが増えてきました。

楽しく安心して住まい選びをしたい方は、ご相談いただければ幸いです。もちろん、通常の不動産会社やハウスメーカーに行って話を聞いたり、見学をしても費用がかからないのと同様、無料にて相談を承っております。

・若い独身こそ家を買った方がいい?

首都圏は日本一住居費が高く、家賃10万円だと4年で500万円近い支出になります。

また現代はお一人様で老後を迎える割合が5割を超える時代ですから、将来結婚して家族が増えることを前提としたライフプランは絵空事かも知れません。

もっと読む

さらに単身高齢者は非常に家を借り辛い現実が待っていますし、 90歳まで生きる時代に一生家賃を払い続けるのはリスクが大きすぎます。

そう考えると、売ったり貸したりできる資産性があることは最低条件ですが、 できるだけ早いタイミングで持家に住むことを考えるのは賢明ではないでしょうか?

勉強会では各種データをもとにお一人様の最適な住まい方を検証していきます。

SEMINAR笑いが絶えない住まい選び勉強会

勉強会ではこんなことをお話します

無料メールマガジン好評配信中!

PHILOSOPHY代表理事・山田剛司の想い

ご家族の命と財産を守る
住まいを楽しみながら安心して選んでいただきたい

これが、私が一般社団法人 住まい選びコンシェルジュ協会を立ち上げる時に特にこだわった理念です。

もっと読む

VOICEお客様の声

お客様の声

CONTACTお問合せ

PRESS書籍のご案内

代表理事・山田剛司の書籍のご案内です

無料メールマガジン好評配信中!