住まい選びコンシェルジュ協会

代表の想い

ホーム 代表の想い

 

PHILOSOPHY代表理事・山田剛司の想い

ご家族の命と財産を守る
住まいを楽しみながら安心して選んでいただきたい

これが、私が一般社団法人 住まい選びコンシェルジュ協会を立ち上げる時に特にこだわった理念です。

 

官公庁での経験と知識、そして、資産運用会社での経験を経て、不動産業へ

私は、理系国立大学で環境学を専攻し、東京都および横浜市で通算10年間、公務で都市計画部門に従事した後、東京と鎌倉の資産運用会社で6年間、実学で世界経済と資産管理について学びました。官公庁の都市計画部門での都市の地盤や災害リスクに関する業務と、資産運用会社で培った命の次に大切な資産を適正に管理する重要性を体感しました。

 

このことは首都圏において住まいという家族の命を守り、ご家族の資産を形成する不動産は、とても重要なものであり、適切な情報収集をしながら選択をしていく必要あることを切に感じております。こうしたキャリアを経て、「人と住まいを結ぶ」という、たいへん大きなやりがいを感じられる仕事である、不動産業界に入りましたが、目にした現実はとても意外なものでした。

 

お客様から伺う不動産業界の問題の多さ

参入障壁が低い業界のためか、お客様から以下の言葉を耳にする機会が、とても頻繁にございました。

 

「一度、物件の問い合わせをしただけで、何度も電話が掛かってくる」
「少しでも興味を持ったら、「今買わないと、売れてしまう」と詰められた」
「良いところばかり売り込まれ、デメリットを隠して買わされそうになった」
「山田さんは、良い意味で不動産会社の担当者のイメージと全然違って、安心した」

 

この言葉を聞いて、私が感じたことは「不動産、建築業界の中には、お客様のことを考えず、なんて自分本位で、短期目線な商売をしている人がいるのだろう」ということです。家族の命と財産を守る住まいを扱っているという、事の重大さを認識している不動産会社の担当者が、あまりにも少ないということに愕然としました。

 

売ってしまえば、それでおしまい?

私の感覚では、お客様と良好な関係を築くことよりも、9割以上の不動産営業マンが「いかに早く、数多く物件を売るか」ということに心血を注いでいるように感じます。言葉を変えると、「売ってしまえば、それでおしまい」という担当者の思惑が見え隠れしているように思えて仕方ありません。もちろん、中には物件を問い合わせしたところ、一割を切る確率の中で、誠実な対応をする良い担当者と出会って、快適な住まい選びができる方もいらっしゃいます。

 

しかし、それもあくまでも「運」です。
住まい選びという人生でかなり重要なイベントにおいて、真剣にお客様の事を考える不動産会社・担当者との出会いが運に左右されている現実は、いかがなものでしょうか。

 

「自分善し」「相手善し」「世間善し」の商いへ

私は、商売―商い(あきない)の基本は、近江商人の「自分善し」「相手善し」「世間善し」という言葉に本質があると感じます。 近江商人の起源は、鎌倉・南北朝時代にまでさかのぼるといわれていますが、戦国時代の終わり、近江を治めた織田信長による安土城下の「楽市楽座」をはじめとする商業基盤の整備が、のちの近江商人の繁栄に大きく貢献したといわれています。

 

遠い将来を見据えて、お客様と心地よい関係が築けなければ、長く続く良い商売はできません。
それは歴史が語っています。

 

人と住まいの良縁を紡いでまいります

私の活動は、本協会の理念に賛同していただいた、不動産鑑定士、宅地建物取引主任者、地盤インスペクター、事故物件調査の専門家、ファイナンシャル・プランナー、税理士、弁護士、各専門家の協力無くしては成り立ちません。

 

住まい選びコンシェルジュ協会は「住まい選び」という、ご家族の人生を掛けた、たいへん大きな人生プロジェクトに関わらせていただくことで、私自身もお客様の笑顔に癒され、無上の歓びを感じながら引き続き、人と住まいの良縁を紡いでまいります。

無料メールマガジン好評配信中!

CONTACTお問合せ

まずはお気軽にお問合せください

※勉強会・相談において商品やサービスの売込等は一切、行っておりません。